So-net無料ブログ作成
検索選択

バリ島で両替

バリ島へ旅行。さて、お金の両替は円、ドル、ルピア?

バリ島での通貨はルピアですので、ショッピングや食事などはほとんどルピアでの支払いになります。

しかし、ホテル、オプショナルツアー、アクティビティ、エステなどは米ドルでの支払が多くあります。

またバリ島の空港で観光ビザの発行代として25ドルかかりますので、米ドルは必要です。

日本を出発するときに、日本円をどう両替するかというと、米ドルは必要ですから、米ドルは用意をしましょう。

では日本でもルピアに両替と行きたいところですが、バリ島に着いてからの両替がお勧めです。

日本での両替レートは非常悪く、取扱っている機関も少ないのが現状です。

バリ島の空港そばに両替所がありますので、こちらでの両替がお勧めです。

静岡の両替町のこと

静岡県の両替町は、徳川時代から続く地名です。

当時の静岡両替町には、銀の鋳造所(銀座)が置かれ、貨幣流通の金融街でしたから、金や銀の両替商が軒を連ねていました。

その後、1612年に銀座は静岡から江戸に移され、今の銀座は新両替町と呼ばれていました。

現在、両替町静岡でも繁華街となっており、当時の喧騒がそのまま受け継いでいます。

東京の銀座においても、新両替町の地名はなくなりましたが、喧騒はそのままに、華やかな町となっています。

銀座の名前の由来が両替町にあり、静岡で息づいているということです。

外貨両替、横浜ではここ!

都市圏ならどこでも外貨両替は可能です。

横浜ですと、横浜駅東口のポルタにある外貨両替プラザはどうでしょうか?

この外貨両替プラザですと、土、日、祝日も毎日18時半まで営業しています。

外貨両替は銀行というイメージですが、もちろん横浜の銀行でも両替はできますが、時間的なことを考えると、銀行以外にも両替ができる横浜は便利です。

また横浜は、北欧やアジアの通貨を扱っているところや、外貨両替取扱郵便局などもあります。

外貨両替横浜の駅西口や東口を中心に便利な店があるので、手数料やレートをよく調べて利用しましょう。

外貨両替所とは?

外貨両替所というと、日本ではあまり馴染みはありません。

海外へ行くと、銀行や金融機関のほかに、外貨両替所というものが存在します。

レートは独自のものが多く、外貨両替所どうし競争しているような状態でもあります。

中にはちょっとデンジャラスな外貨両替所もありますので、知らない海外でのレートの低さに惹かれて、外貨両替所での両替は注意が必要です。

ネットでも良心的な外貨両替所が紹介されている場合もありますから、下調べをしてみるのもいいかもしれません。

ATMで外貨両替

外貨両替ATMというものがあります。

わざわざ銀行の窓口に行かなくても外貨両替が簡単にできるATMです。

操作は簡単で、普通の預金引き出し時にATMとほぼ同じです。

問題は、その両替ATMにほしい通貨があるかどうかということですが、一般的な両替ATMでの取扱通貨は、米ドル、ユーロ、ウォンなどです。

レートがどうのとかこだわる方は、ATMのレートは手間が簡単な分、高いということもあります。

時間的な余裕がある方は、ATMと窓口と手数料などを比較してみるとよいでしょう。
タグ:簡単 操作 ドル

外貨両替ショップを利用しよう

外貨両替ショップというと、外貨両替のためだけの金融機関ということです。

日本の大手銀行では、銀行窓口においても外貨両替業務を行っていますが、外貨両替ショップということで、それだけに特化をした店舗をあちこちに構えています。

外貨両替ショップは銀行業務は行わず、外貨両替だけなので、午後3時で閉まることなく、夕方まで営業していますし、場所によっては休日もしています。

お勤め帰りにも立ち寄れる手軽さや駅のそばという立地条件で、外貨両替ショップは利用しやすいと思います。

また銀行系以外にも、外貨両替ショップはあり、レートに関しても銀行より良かったりするので、いろいろと調べてみる価値はありそうです。
タグ: 店舗 レート

両替町とは?

静岡県の葵区の一部は、400年前の江戸時代に両替町という地名がありました。

両替町は、徳川家康によって駿府城の蓄財としての銀貨鋳造所(銀座)が設置されたものです。

両替町は銀座の業務として灰吹銀を買い入れて、公鋳の丁銀と引き換えることが両替ということです。

ですから、銀貨鋳造所の周辺に両替商がいたため、両替町という地名がついたとされています。

家康が隠居後、銀貨鋳造所は駿府から江戸に移転し、銀貨鋳造所が置かれた土地が、東京都区部の銀座ということです。

東京都の銀座は、当初は「新両替町」と呼ばれていたということです
タグ:銀座 静岡 家康

両替所とは?

国際便が出立する空港なら、両替所はたいていあります。

それまで両替をしていなかったという場合でも、空港での両替所で簡単にできますからご安心ください。

日本は基本的に円しか流通していませんから、街角に両替所ある風景はありませんが、あえて言うなら、銀行なども両替所と言える存在です。

海外では、両替所というものが多数存在していますが、旅行先での両替所での利用は、自信がないとお勧めできません。

よほど知っているととか、現地の言葉はばっちりという方、挑戦してみますか?

銀行などよりもレートがよいとされる両替所ですが、ぼったくりなどの被害にはご注意を。

小銭の両替

今、銀行での小銭両替は機械で行うことができます。

しかし、ある金額を越えると、窓口まで持っていかなくては、小銭両替できません。

機械でできる小銭の枚数の範囲内であれば、手数料の心配がなく両替が可能です。

逆のパターンで、家から出た小銭両替したいという場合は自分の通帳に貯金をすることです。

ATMに小銭をじゃらじゃらと大量に入れると、やはりある一定数の限度になるとできなくなります。

銀行の窓口に小銭を持っていくと、両替というよりは、貯金になりますが、色々種類はあっても100枚以上になると手数料が取られるようです。