So-net無料ブログ作成

三井住友銀行での両替のこと、いろいろ

三井住友銀行両替は本支店の窓口でも可能ですが、独自に外貨両替コーナーという機関が設置されています。

三井住友銀行の外貨両替コーナーの方がレートなどの優遇があります。

しかし、三井住友銀行の窓口が近いなどの条件が合うときは、こちらで両替というのもよいでしょう。

三井住友銀行では、国際キャッシュカードサービスの申し込みができます。

三井住友銀行で申し込みをすると、PLUSマークの表示がある海外のATMで自由に現地通貨で引き出せるというものです。

これですと、日本にある程度の金額を入金するだけで、あとは現地でカードで引き出せばいいのです。

日本での両替の手間はは省けます。ただし一定の手数料はかかり、一日で引き出せる限度額に決まっています。

三井住友と両替業務

三井住友の外貨両替コーナーは特に東京の集中していますが、土、日、祝日に営業していないところもありますので、注意をしてください。

三井住友の外貨両替コーナー営業時間は平日ですと、午前11時から午後6時半というところが一般的です。

三井住友銀行の窓口でも両替は可能ですが、外貨両替コーナーの方がレートが良いということがありますから、わざわざ足を運ぶというのもいいかもしれません。

少しの金額の両替ならいいですが、まとまった金額になると、得をした気分というか、得をします。

約15種類の外貨両替が可能な三井住友の外貨両替コーナー。

しかし、欲しい外貨が都合がつかないという場合がありますから、三井住友外貨両替コーナーへ事前に問い合わせることをお勧めします。

みずほ銀行の外貨両替

みずほ銀行の外貨両替で、トラベラーズチェックの発行手数料はマイレージポイント利用で優遇されます。

普段マイレージを利用されている方には朗報ですから、外貨両替みずほ銀行で行うとよいでしょう。

みずほ銀行の窓口へ出向くことなく、外貨両替ショップがあり、ここで夕方まで影響しており、土日も開いているところもあります。

また、近所にみずほ銀行がないという方でも、電話、FAX、パソコンから外貨両替を申し込むことができます。

みずほ銀行の外貨両替は他の金融機関よりも安いという情報もあり、一見の価値があります。

銀行での外貨両替で良いことがアル?

銀行での外貨両替では、付加価値が付いている場合があります。

その銀行の特定のカードに入会をすると、外貨両替のレートよりいくらか安く優遇されるサービスを行っているところもあります。

また、直接銀行で出向くことなく、電話やネットでの外貨両替を申し込むことができたり、外貨両替の申し込みは近所の銀行、受取りは成田空港内の支店でということも可能です。

このような銀行外貨両替に関することはいろいろなケースがありますので、自分にとってはメリットとなる方法を選択してみてください。

また、銀行内で外貨両替ができるだけではなく、両替の専門ショップもあり、こちらは営業時間が通常の銀行より遅かったり、土日も営業している場合もあります。

銀行で両替すること

銀行で外貨両替というのは一般的なことですが、都市部と地方ではかなり事情が違います。

というのも、都市部の銀行では、すぐに外貨両替が可能で、通貨の種類もあります。

しかし、地方の銀行では、外貨両替の申請をしてもすぐには外貨両替が不可能の場合が多く、何日間か待たされることが多いです。

また、扱われている通貨も種類がないということがあります。

ですから、地方ですぐに外貨が欲しいという場合、両替銀行で行う際にはある程度の期間が必要となります。

今はネットで外貨両替を申し込み、宅配をするサービスもありますから、銀行ではなく、こちらを利用するという手もあります。

銀行での両替手数料は?

大都市に限ったことですが、大手の銀行での両替は、銀行内ではなく、外貨両替ショップというものが存在します。

場所によっては土日も営業しており、普段の営業時間も7時くらいまで開いているところもあります。

両替には手数料もかかりますが、その銀行のカードや口座を保有していると、トラベラーズチェックの発行手数料が優遇されるというような特典もあります。

銀行両替サービスで、宅配業務のものやネットや電話で申し込むことができ、自宅にいながら両替が可能な銀行もあります。

その際の手数料も金額によっては無料になったり、一律の手数料設定になっている場合がありますので、手数料両替をお考えの方は、銀行に出向くよりも宅配業務の方法をご利用される方がお得かもしれません。