So-net無料ブログ作成
検索選択

シンガポールでの両替事情はどうかな?

シンガポールの通貨単位はシンガポールドル。

シンガポールドルへの両替で、一番レートがよいのはシンガポールの両替所です。

いやいや日本で早速両替をしたいというのは分かりますが、レートはも悪いと思ってください。

シンガポールに行くのだから、全てを両替しなければならないかというと、そうではなく、シンガポールの日系デパートでは、日本円が使えます。

そこで、日本円で払い、お釣りをシンガポールドルでもらうことにより、両替をしたと同じことになります。

レートは大丈夫?と不安になりますが、実は日系デパートでは、レートが良いということはよく言われていることです。

ですから、シンガポールでお買物は、まず日系デパートで両替なんていうこともあり、です。

硬貨の両替は?

日本においては、外貨両替は大体の金融機関で行われていますが、外貨の硬貨両替については行われていないところがほとんどです。

現在、銀行や郵便局では、硬貨両替は行われていません。

では、硬貨両替はどうするかというと、金券ショップや両替宅配業務のところで硬貨の取扱をしているところがありますが、数は少ないです。

外貨の硬貨が欲しいときは、現地に着いてから、銀行などで行うことをお勧めします。

特に、新興国が目的地の場合、紙幣で支払をしようとすると、お釣りがないといったおつりとして硬貨を受取れないという被害もあります。

日本円でもそうですが、必ず硬貨は必要なものですから、現地調達が第一です。

大阪で外貨両替

外貨両替というと、店頭での行おうとすると、どうしても大都市部に限定されます。

この場合、東京、大阪、名古屋、福岡などということになります。

大阪外貨両替というと、さして支障はありません。

大阪の銀行の本支店でも金券ショップのようなところでも、外貨両替は可能です。

2009年3月までですが、関空を利用する方で、泉州銀行での外貨両替のレート優遇というサービスもあり、大阪のほうがレートが安いということもあります。

商魂逞しいといえば大阪ですから、銀行以外の外貨両替ならお得ということも考えられます。

パリへの両替、いろいろ

両替のタイミングの問題というのは、観光地での話。

比較的日本人が多く訪れるバリ島でのことですが、ルピアに両替をする場合、日本では少額だけ両替をし、現地で両替というのが一般的なようです。

タイミングというのは、バリの両替所のことで、たくさんの両替所がある中でレートが表示されています。

通りすがりの表示の数字が次々と違っていて、後からの表示が高くなっていると、えらく損をした気分になります。

しかし、バリあたりですと、ごまかしの被害もありますから、高いからといってごまかされたのでは後の祭りです。

バリでは、両替所の情報もあらかじめネットで調べられるので、事前に調べてからバリの現地の両替所を訪れる方がよさそうです。

台湾ドルの両替について

台湾ドル両替は、現地銀行が一番です。

日本でも台湾ドル両替はできますが、レートを考えると現地での両替がお得です。

そして、もし台湾ドルが使い切りなくて、大量に余った場合、日本円に両替するのではなく、現地で銀行口座を作るというのはどうでしょう?

日本より金利がいいですから、台湾ドルをそのまま両替せずにおいておくだけで増えていきますし、また、台湾へ行く予定がある方は、手数料を払って両替をする手間も省け一石二鳥です。

金利のよい今時期は、両替ばかりではなく、台湾ドルは投資対象の存在にもなります。

ですから、台湾ドル両替には、あまったら投資というのがいいかもしれません。

海外旅行と両替について

海外旅行で必要なもの、パスポートと現地のお金です。

そこで、日本円を両替しようということになりますが、どこの国の紙幣をどこで、いくらくらい両替をするかということになります。

一般的に、米ドルと日本円の場合、日本での両替がレートはよく、日本円と香港ドルですと、香港でのレートがよいというように、メジャー度が低い国での両替はレートの関係から行くとお得になっています。

しかし、海外旅行の行き先によっては、現地での両替は困難であったり、言葉に自信がないという場合は、日本での両替がお勧めです。

その際に、海外旅行のへ出発する日ギリギリではなく、少し前から準備をしておくと、両替レートのよいときを選択することができます。

また、初めての海外旅行やお金に対する不安がある場合は、トラベラーズチェックへの両替がお勧めです。

紛失した際の保証などがある場合、海外旅行先でも安心できます。

両替商とは?

両替商とは、両替および金融を主な業務とする商店あるいは商人のことですが、日本では、明治時代以降は両替商とは銀行の金融業務のことを指します。

現代では、両替商と限定していうと、空港などで外貨の両替を行う店舗および窓口を指す。

大都市になると、銀行業務以外に両替センターのように両替に特化した機関もあります。

これらはいわば両替商というのにふさわしいものです。

海外に行くと、銀行など金融機関に関係なく両替商として商売を行っている人が多く存在する国もあります。

台湾ドルの両替事情

台湾ドルの両替は、日本で両替してから台湾へ行くのか、現地に着いてから両替するかになります。

一般に日本での両替はレートが悪いといわれていますから、現地銀行のレートが高く設定されています。

ただし、現地に着く時間帯に銀行が営業していない場合、台湾ドルへの両替が不可能になります。

レートが悪いことは目をつぶって、日本で少しだけ両替しておくと方法をお勧めします。
台湾の両替所もありますが、レートの高いのは魅力ですが、ごまかしなどのトラブルもあるようです。

やはり、台湾の空港内の銀行はレートもいいですから、日本での両替以外はここで行いましょう。