So-net無料ブログ作成

ソウルでの両替は?

ウォン安でソウルへ旅行の計画という方もいると思いますが、両替はどうしましょう?

日本で、両替は可能ですが、ソウルは空港内の両替所、市内の銀行、ホテル(一部を除く)、市内の公認両替所などで両替できます。

ソウルで両替所や両替業務を行っているところには円やドルマークが出ていますので、すぐに分かります。

海外の両替所の窓口では基本的にパスポートを提示するところが多いようですが、ソウルではパスポートなしで両替というところが多いようです。

ソウルの銀行は、4時半くらいまでの営業ですから、それ以降の両替は両替所でどうぞ。

韓国ウォン両替は現地で

韓国に行くことが決まった場合、クレジットカードが使えるということを覚えておくとよいでしょう。

治安的にはそれほど危険ではない韓国ですが、そこはやはり外国。日本ほど安全ではないはずです。

ですから韓国ウォンを大量に持ち歩くよりは、大きな買物などはカードが使えるところで、韓国ウォンを出さなくても済むようにしたほうがいいでしょう。

両替には必ず手数料がかかりますから、韓国でも使えるカードがある場合は、全ての日本円を両替する必要はないわけです。

ただし、韓国ウォンをいくらかは持っていなければならないので、韓国ウォン両替は、銀行など行うとよいでしょう。

この際には、日本より韓国での両替の方がお得ですし、観光地では見知らぬオバサンが韓国ウォン両替と声をかけてくる場合もあります。

ウォンへの両替

両替は、日本で行うか、目的地で行うか、迷うところですが、韓国ウォン両替なら、韓国で行うことをお勧めします。

日本においても、銀行などではウォンの取扱をしているところは多いですが、韓国で両替を行う方がレートもよくなっています。

韓国でのウォンへの両替は、銀行ですとウリ銀行がいいようです。

また、ウォンへの両替は使う分だけの方がよく、1万米ドル以上の国外持ち出しは申告制になっていますので注意が必要です。

また、ウォンが余ったとしても、また両替の手間もかかりますから、少しずつ両替というのかよいかもしれません。

ウォンの両替どき?

外貨両替というのは、旅行目的ではなく投資目的と考えたとき、今ウォン両替はいかがでしょう?

かつてないウォン安に沸いた2007年の後半。

このときとばかりウォンへの両替に走った方が多かったようです。

これだけウォンが下がるともう底だろうというのが大方の見方で、ウォンが上昇したら、丸々儲けということになります。

ウォン安の今、両替をするだけでただ持っていればいいわけですから、投資としては簡単なものです。

両替には手数料などもかかり、コストもかかっていますが、とにかく為替相場次第では、かなりいいかもしれません。

ただし、ウォンがこれ以上下がらないというのが条件ですから、この両替だけの投資もリスクがないわけではありません。

ウォン安のときに円をウォン両替するだけですが、保証はないというわけです。

韓国ウォンの両替事情

韓国の通貨はウォン。以前の日本の500円玉は、韓国ウォンの通貨と似ているものがあり、偽造通貨が出回ったときもありました。

まともに韓国ウォンに両替をしようという場合、韓国での両替がいいようです。

なんと言ってもレートも手数料が韓国での両替のほうがお得になっています。

日本では、円からウォンはダイレクトではなく、一度ドルをはさむ形になるようなので、手数料が高くなってしまうという現状があります。

日本でどうしても両替というのなら、ウリ銀行など韓国系の銀行での両替ですと、円からスムーズにウォンに両替可能です。

あと韓国では、観光地のオバちゃんたちが両替をしてくれるということもあるようで、レートもよいようです。

しかし、ご注意を、というのは経験者の談です。