So-net無料ブログ作成

元の両替は?

中国の通貨単位の。中国を訪れる際には両替が必要ですが、日本で両替は、米ドルの両替のような簡単にはいないようです。

まず郵便局では、中国取扱店が決まっています。両替をする金額も2万元が上限となっています。

のレートですが、ホテル、銀行、空港どれも一緒で、日本よりも良いレートとなっていますから、日本では最低限だけを両替をし、あとは中国で両替にするとよいでしょう。

トラベラーズチェックも安全ですから、両替をするだけではなく、こちらでもよいでしょう。

中国と両替

中国では、日本人と分かると、一般の方が両替をしませんかと誘いの言葉をかけてくることがあります。

話を聞いてみると、両替レートも案外よくおいしそうな話のようですが、これらは違法両替です。

また、中国でこのような形で両替されたときに、金額のごまかしなどあったという被害もあります。

ですから、中国へ行く際の両替は、日本の一部の金融機関か中国に着いてから行う方がよいでしょう。

中国は、国内に持ち込めるお金が決まっていて、また、日本に中国のお金の持ち込みは禁止です。

ですから、両替した分は中国で使い切る方がベターだと思います。

元の両替

両替をする場合、日本で行うか中国で行うか、どちらの選択も可能です。

ところで、両替という場合は円→元、元→円の2パターンがありますが、レートは違います。

ある日の円と両替のレートですが、1元の販売レートが15円のときの買取レートは11円というように、買取レートの方が低くなっているのが一般的です。

この差が手数料ということになりますが、FXで言うスプレットと同じことです。

この両替のレートは毎日変わるものですし、金融機関や両替所でも数字、差も色々です。

人民元の両替は?

人民元は中国の通貨単位です。

人民元のほかに、角の単位がありますが、両替となると、100元からというのが一般的です。

一応、人民元は日本国内の金融機関、郵便局、空港内でも両替はできますが、やはり100元単位というところが多くなっています。100元紙幣のみの販売か枚数固定のパック制で販売する所が多いです。

しかし、米ドルのようにメジャーではない人民元ですから、外貨両替をしているところろでも、必ず人民元両替をしているかどう問い合わせをする必要があります。

トラベラーズチェックという方法もあり、こちらは人民元のよりも手数料は安くなっていますし、紛失の際には再発行も可能です。

中国元の両替事情

中国元への両替、現地にいくのなら、成田空港で両替可能です。

また、現地に行って、ホテルや銀行などでも中国元への両替もできますし、日本語が通じるホテルなどでは安心して両替ができます。

中国元は、ホテル、銀行、デパートなどでの両替のレートは毎日変動はしますが、どこも両替レートは一律になっているのが特徴です。

そのレートが日本とどうかというのは、そのときによりますが、どちらでも安全な中国元への両替ができます。

現地の両替商での中国元両替という手もあります。

こちらはレートが高く設定されていますが、偽札疑惑や手数料などを多く取られたりと、ちょっとデンジャラスな香りも漂っていますので安全というわけではないようです。