So-net無料ブログ作成

外貨両替のいろいろ

両替をしなくてはいけないことになったときに、国によって外貨は変わります。

日本で一般的な外貨両替というと米ドルですが、そうとは限られないことももちろんあります。

銀行や外貨両替の機関では、米ドル以外も取扱っていますから、まずは問い合わせをしてみることが大切です。

また、機関によって、それぞれレートも違いますから、同じ1万円を外貨両替といってもそれぞれ差が出ます。

ネットで、電話で、まずは調べることです。

今は外貨両替の宅配なども行っていますし、いよいよ出発が迫ったといっても、成田空港での外貨両替、現地での調達もできます。
タグ:宅配 米ドル

外貨両替で得をする?

外貨両替は少しでもお得な方が嬉しいものです。

得する外貨両替には、時間的な余裕があること。これは為替相場の変動から、レートを睨む上で、少しで低いレートのときに両替をするの方が得です。

日本国内で外貨両替を考えると、銀行を思い浮かべますが、ネットなどではチケット屋などでも高いレートでの外貨両替が得な場合があります。

通貨の種類で強弱があり、米国と日本なら、米国のほうが強い通貨になり、日本での両替が得です。新興国と日本なら、日本での両替よりも現地の方が得になります。

とにかく、時間をかけての外貨両替が、少しでも得になるということです。

日本で通貨両替

日本では、たいていの世界の通貨両替が可能です。

両替時のレートは毎日変わり、両替をする場所によってもそれぞれですから、よりお得な両替をすることが可能です。

現在は、宅配サービスも行われていて、自宅にいながら通貨両替も可能になりました。

海外で実際に通貨を使用するときはもちろん、為替動向を睨みながらの両替投資ということもできますから、通貨両替をする機会は色々とあります。

固定性ではない通貨両替のレートを上手く利用して、得をする両替をしたいものです。

両替とは?

1000円札を100円玉に両替をしたとき、手数料はかかりませんが
現在銀行では、大量の両替の場合、手数料を取るようになりました。

日本円から日本円の両替でもそうなのですから
外貨両替の場合、少額であっても手数料はかかります。

しかし、この両替にかかる手数料は金融機関によってばらつきがあり
また為替相場によっては、レートそのものにも差が出ます。

急な両替ではない場合、このような両替にかかるコストを考えると
為替相場を見て、手数料の安いところでの両替を探すことをお勧めします。

外貨両替とは?

外貨両替とは、日本円を日本円以外の貨幣と交換することを言います。

日常生活において、外貨両替というと、海外へ渡航するときに必要と思うことが
一番多いですが、今では外貨両替で投資という方法もあります。

1ドル100円のとはに100ドル両替をします。日本円で1万円の出費です。

しばらく経って、1ドルが110円になったときに、今度は100ドルを日本円に両替をします。
そうすると、手元には11000円残ることになります。

という、投資ですが、現実には外貨両替のたびに手数料がかかるので
こんな単純なことではないですが、為替相場の急激な変動の時には
外貨両替は使える投資と言えます。
タグ:外貨両替