So-net無料ブログ作成
検索選択

トラベラーズチェックを一番安く購入して両替するには?

トラベラーズチェックを一番安く購入するには、シティバンクに口座を作っておく事が一番です。

なんといってもシティバンクに口座を保有していればトラベラーズチェックの発行無料だからですね。

シティバンクのトラベラーズチェックは米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルの4通貨の取扱となります。

他にもさわやか信用金庫やJTBでもトラベラーズチェックが無料になりますが米ドルのみでの発行となります。

しかしながらトラベラーズチェックがいくら無料でも換金時のレートが悪ければこれは影響を受けます。

このレートについては公示仲値の設定と、各金融機関の差がある為替手数料の大小の2つの要因となります。

■ 公示仲値は(TTM) 銀行間レートは株価などと同じく常時変動しており、金融機関でこれを取引の基準に使うと処理が煩雑になります。そこで各金融機関は銀行間レートに代えて「公示仲値」というものを定めて一日を通して適用します。

ただこちらは各金融機関でかけ離れたものには設定される事はありません。

問題は為替手数料となりますが、こちらはシティバンクが全ての通貨で為替手数料1円となり他の金融機関と圧倒的に違いがあります。

で他の金融機関の為替手数料はユーロが1円40銭~1円50銭、英ポンドが4円、豪ドルが2円~2円50銭となっていますのでこの違いはかなり大きいと言えます。

以上のことからトラベラーズチェックを使った両替においては、シティバンク銀行が現時点では優位性があります。

外貨両替の手数料比較をすると

外貨両替には必ずかかる手数料

少しでも手数料は安く外貨両替をしたいというのは分かります。

ここでは、それぞれの両替機関で比較をしたいのですが、ずばり比較をしなくても絶対に手数料が安いというところがあります。

銀行や郵便局などで外貨両替をすると、レートに対してプラス1円以上というところが多いです。

ところが、マネーパートナーズというFX業者。もう手数料比較はいりません。

その中での両替手数料はFXで言うスプレットということで、レートに対して0.2円というものです。

この両替手数料ということだけでは比較にならない数字ですが、その前にマネーパートナーズで外貨預金口座の開設などの手間もかかります。

そのような面倒なことは敬遠したい方には不向きですが、FXの投資をされている方にとっては、この手数料比較のよさが分かっていただけると思います。

まずは、サイト、行ってみませんか?

シンガポールでの両替事情はどうかな?

シンガポールの通貨単位はシンガポールドル。

シンガポールドルへの両替で、一番レートがよいのはシンガポールの両替所です。

いやいや日本で早速両替をしたいというのは分かりますが、レートはも悪いと思ってください。

シンガポールに行くのだから、全てを両替しなければならないかというと、そうではなく、シンガポールの日系デパートでは、日本円が使えます。

そこで、日本円で払い、お釣りをシンガポールドルでもらうことにより、両替をしたと同じことになります。

レートは大丈夫?と不安になりますが、実は日系デパートでは、レートが良いということはよく言われていることです。

ですから、シンガポールでお買物は、まず日系デパートで両替なんていうこともあり、です。

みずほ銀行の優雅な両替?

みずほ銀行とANAは、2006年より、成田国際空港第1ターミナル内第四サテライト、第5サテライトのANAの国際線出発ラウンジで、外貨自動販売機による外貨両替サービスを始めています。

このみずほ銀行の外貨両替が利用できるのは、ANA並びにスターアライアンス他提携各社便のファーストクラス・ビジネスクラス、スターアライアンスゴールドメンバー向けのものです。

みずほ銀行の外貨自動販売機で両替できのは、米ドル、ユーロ、人民元です。

搭乗前にラウンジ内で簡単に両替できるというのが、最大のメリットとなっています。

ですから、出発前や空港内で慌ててみずほ銀行を探す必要もなく、ラウンジでゆっくりと外貨両替ができるというのは身も心もゆったりとします。

このラウンジの他に、成田空港内には、みずほ銀行の窓口もあり外貨両替は可能です。